まずは脱毛クリニック
*
ホーム > 薄毛 > 女性の薄毛はホルモンバランスの乱れから・・・

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れから・・・

薄毛のお悩みは男性に限らず女性も多くいらっしゃいますが、男性と女性では薄毛になる原因は違います。

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンが深く関わっている男性型脱毛症というタイプがほとんどですが、女性の場合は、睡眠時間や食スタイル、ストレスなど、普段の生活習慣が影響を与えてホルモンバランスが乱れ、それに、血流が悪くなる頭皮環境と合わせて薄毛になる大きな原因となっています。

ですが、ごくまれに女性でも男性型脱毛症と同じような症状を発症することがあります。

女性も、男性と同じように年齢を重ねるとともに髪が細くなったり、弱々しくなって薄毛が気になりだし、特に更年期を境に薄毛のお悩みを抱える人が増えてきます。

では、どのような原因から更年期により、薄毛になってしまうのでしょうか。

これは、生活習慣やストレス、老化などではなくて、ホルモンバランスの乱れから薄毛になるということです。

女性は更年期になると、女性ホルモンが急激に減少してしまいます。

もともと女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を作りだす働きを持っており、このエストロゲンの減少で髪の成長が鈍くなり、髪質が低下してしまいますが、女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位に働くようになって男性型脱毛症と同じような症状が現れます。

更年期を迎えた女性は、女性ホルモンの急激な減少から、薄毛だけでなくさまざまな障害が起こり、一般的に、これを更年期障害と呼んでいます。

朝の空を見上げて!

ちなみに男性型脱毛症のメカニズムは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、毛母細胞の活動を抑えて髪の製造をストップさせてしまうからです。

その結果、成長期が短くなり、細くて弱々しい髪が多くを占めるようになって薄毛になるというわけです。

このように更年期による薄毛は、人間として生きている以上、どうしようもないことかもしれませんが、せめて若い頃から、乱れた生活習慣が影響して薄毛を発症しないように、日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。