まずは脱毛クリニック
*
ホーム > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠の換金における手数料などについて

クレジットカードのショッピング枠の換金における手数料などについて

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化を自分で商品を売買して行う場合には、業者に依頼する場合のような手数料は発生しません。
ただし、換金率の高い店を探すのに手間や労力がかかります。
ゲーム機やブランド品や商品券などは換金率が高くなりやすいですが、カード会社でもそのような商品が換金率が高い商品としてリスト化されています。
したがって、そのような商品をまとめ買いしたり何度も続けて購入したりすると、カード会社から転売を疑われて最悪の場合はカード利用停止や強制退会になります。
一方、業者に依頼する場合はカード利用停止になるリスクが低いです。
業者に依頼する場合は手数料が別途かかり、最終的な換金率が70~80%になります。
手数料には決済手数料や配送料や振込手数料などがあります。
決済端末でクレジットカードを切るために決済手数料を取ることで、業者の利益になります。
業者にもリスクが存在するので、収益以外にリスク管理としても決済手数料を取ります。
決済手数料はカードのブランドによっても異なり、業者端末で海外決済をするカードでは決済手数料が高くなる場合があります。
また、他に手数料として配送料が含まれるのは、業者に現金化を依頼した場合に購入した商品を受け取るところまでが取引だからです。
ただし、実質的な商品の移動がない場合は配送料がかかりません。
手数料以外では、現金化業者ではなくカード会社に支払う費用として消費税が挙げられます。
例えばショッピング枠で5万円の商品を購入すると、後でカード会社に税込で5万4千円支払う必要があります。

ビックギフトの評判はこちら


タグ :